山梨CKD医療連携ニュースレター

 いよいよ2016年4月よりCKD病診連携医制度が始まりました。この制度は、山梨県慢性腎臓病予防推進事業として行われております。CKD医療連携協議会と各地区医師会の共催した講習会を受講し、申請を出された149名の先生方を対象に、県医師会長と山梨県知事からの認定証が発行されています。CKD患者を早期に拾い上げてその重症化を食い止めるために、非常に大切な仕組みです。患者—開業医—専門医—保健に関わるすべての医療関係者にとって、有意義な仕組みができました。山梨慢性腎臓病対策協議会では、CKD病診連携医制度を広く知ってもらえるよう医療の現場からのCKDに関連するあらゆるニュースをお届けします。

 
 

ニュースレター 目次

山梨CKD医療連携ニュースレター No.1

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.2

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.3

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.4

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.5

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.6

山梨CKD医療連携ニュースレター NO.7


 
 

 

▲このページの上へ戻る